肉球団オフィシャルblog

銀河肉球団で公開している動画のお知らせや関連情報を発信していきます。 ぜひお気に入りにいれてご愛読ください。

ここでしか知りえない情報もあったりなかったり。 ARKのゲーム日記も始めました。

タグ:自慢

おはようございます。



結局ワクチンの副反応は今のところ注射部位の痛みのみです。



でも結構日にちが経ってから症状が現れる場合もあるそうですけどね。




むしろどうせ出るなら早く熱出てほしいんですが・・・。




さて



昨日はDigiメンバーのペットを紹介させていただきました。



せっかくなので私のペットもお披露目しようかと思います。



どのコも可愛いのですが



あえて選ぶならば



このコでしょうか!



sino



シノマクロプス のしのちゃんです。



シノマクロプスはロストアイランドオープン時の新生物です。




このコの魅力は大きなおめめ✨



それとしぐさですね。

20220328220918_1


そしてこのシノマクロプスは可愛いだけじゃないんです!



ものすごーく重宝します。



ARKを始めたばかりの頃 



沼地に入るといつも蛭を背中にしょっていました。



この蛭、一度ひっつくとなかなか離れないんです。



見た目もグロイですし💦



画面のど真ん中に居座って、ほんっと邪魔なんです。



火で焼いたらとれるというので焼いてみたりしたんですけど



取れませんでした。



なので 蛭を避けて沼地には足を踏み入れないようにしていたんです。




そこへ登場したのがシノマクロプス💓



なんとシノマクロプスは蛭を撃退してくれるんです!



まじか?!


まじです。


ロストアイランド生物Sinomacropsの巻


記事
内に撃退の様子や撃退方法を書いてます。



ご興味があればご覧ください。



そういえばまさお物語の後編でしのちゃんが威嚇するシーンがありました。



威嚇を自動にしておくと勝手に撃退してくれるんですが



小動物が威嚇の対象になるので



ドードーを勝手に殺してしまって可哀そうな場合もあります。



生簀に放流していたシーラカンスも一気にkilldされました💦




それともうひとつ!



ミクロラプトルも追い払ってくれるので心強いです。


あと シノマクロプスの魅力は滑空。



高い所から飛行すると長い時間(約5分)空中移動ができます。




その様子は動画に収めてますので



よければご覧ください。



途中カットしようかと思ったのですが




視聴者さまも一緒に飛んでいる気分を味わっていただきたいと思い




ノーカットにしています。




以上 ペット自慢を終わります。





本日も最後までお読みいただきありがとうございました。



20220328222127_1




良い一日をお過ごしください。



おはようございます。



コロナワクチン3回目受けてきましたぁ。



何か1回目2回目より楽な感じがしてます。



そう言ってられるのも今のうちかな?



友人の妹さんは一日早く受けられて翌日高熱が出たらしいし。



友人からは明日くらい熱でるよ。



と脅されてます(笑)



なので元気なうちに記事書きます!!



このところメイウィングの事ばかりだったので



自慢のペットコーナー



を開催します。



ご紹介する生物はこちら



巨大とびねずみです!



このとびねずみは実は私のペットではなく



digiメンバーのペットです。



どーしても載せてほしいとの要望だったので紹介します。



20220321140257_1







真ん中のコじゃないですよ。



一番左端のコです。



メンバー曰く



可愛えぇやろ~ とのことでしたが




20220321140338_1

まるでガン飛ばしてるようですね💦




「うちの子になんか用? あん?」



とでも言ってるようです。



通常のとびねずみはかなり小さいです。



ですが、このとびねずみはかなり巨大です。



tobinezumimod

サバイバーと比較すると↑




幼年期なのにこのサイズです!




本来のとびねずみをご存じない方のために


tobi002

通常は大人でも肩に乗る程度のサイズです。



tobi006





先ほどのとびねずみが異常な大きさだということをご理解いただけたでしょうか。



おそらくMODだと思います。



以上 ペット自慢のコーナーでした。





本日も最後までお読みいただきありがとうございました。





よい一日をお過ごしください。











↑このページのトップヘ